うつ病のサインはいろいろ!うつがわかるのは診断だけじゃない

心の状態をチェックしよう

看護師

日頃何気なく生活していても心の健康は目では見えないものです。気になる人は簡単にできるうつ病診断で心の状態をチェックしておきましょう。自分の健康状態を正しく理解しておくことは大切です 。

うつとはどんな病なのか?

レディ

最近よく「うつ」「うつ病」という単語を聞く機会が多くなりました。もはや誰しもが聞き覚えのある精神病ですが、その実「うつ」がどのような症状を持った病気なのか?どのような人がかかりやすいのか?といった基礎的な知識が足りない人がほとんどです。ここでうつについて今一度学んでみましょう。
診断で発覚する場合や雑誌、新聞の健康・家庭に関する記事など「うつ」を発見するきっかけは比較的多くなりました。またうつ病診断などで発覚した俳優などの芸能人がメディアなどで体験談などを発表したことも認知度の向上に貢献していました。このようなストレスによる精神疾患に敏感になった人は多く、精神科・心療内科の診断をこまめに受診する人は増加しました。結果として今まで隠れていた「うつ患者予備軍」が明るみに出たことで現代社会が人にどれほどストレスを与えるものかが露呈しました。
一部でうつ病は心の風邪と呼ばれるようになりました。そのくらい誰がかかってもおかしくない身近な病、という立ち位置だという認識になりました。しかし実際にはどういった症状がうつ状態なのか正確に診断することが難しいといわれています。心の健康は目では分からないものなので、まずは共通の認識がなされることが重要です。メジャーになった分、その定義の曖昧さが独り歩きしているのです。結局、発症してしまったうつ症状の改善には精神科・心療内科の医師を頼ることになりますが私たち一般人でも心がけ次第で取り組めることはあるはずです。まずはうつ病の症状について最低限度の知識を身に着けておきましょう。

うつ病治療の過程の中でも最も重要視されているは診断です。うつ病などの精神病の診断方法は体の病気・けがの診断と異なります。うつなどの精神病はとても繊細な病なので間違った診断結果や治療方法をしてしまうと改善するどころか悪化する場合も考えられるからです。精神疾患では外科的治療を受けることはありませんが、抗うつ剤のような薬用療法で処方する薬物の種類や投与量が異なるのも大きな特徴です。ここの治療法を誤ることが精神疾患の患者に対する医療ミス中で最も多い問題だといわれています。分野が違うといえども医学において適正な診断を行いない、明確な治療を行うことが必須なのだという重要性がよくわかります。
このような理由から診断の重要性がわかりましたが心の問題である精神疾患と体の問題である身体疾患では診断に至るまでのアプローチ事態も少し変わっています。第一に精神疾患でも身体疾患でも、まずは患者の自覚症状の問診から始まります。身体疾患の場合では食欲の減退、胸やけなどを判断材料とすることができます。そこから実際に血液検査や内視鏡検査などで体の細かいチェックができます。ところが精神疾患にかんしては脳波や頭部の画像検査が必要とする医師もいれば、不要であると判断する医師もいます。精神疾患では実際に検査を行っても異常を発見できない症状をしていることが多く、検査が無意味に終わることが多いからです。認知症や内分泌疾患の場合に限り必要な事例もありますが身体的な検査で精神疾患の異常は観測できないとみなす医師側の意見が多数なのが実情です。では検査で異常を発見することが難しい精神疾患に対しどのようなアプローチで診断を進め治療をしていくのでしょうか?その回答としては診断を密に行うしかないというのが現状です。特に本人との問診が必要なのはもちろんのこと、その素性や日頃の生活態度をよく知る周囲の人間などの意見も多く取り入れることがカギとなる、といわれています。様々な視点からの情報を得て総合的に評価して病状を把握することが現状、最も有効的な治療法だといわれています。患者が困っている症状をできるだけ詳細に明確に把握しておくことが診断の際に最重要視する点です。うつ症状の診断は様々な症状がある為、治療中の病状の経過を知る為継続的な診察やカウンセリングを行うことで治療方法を決めていくものです。基本的には症状が感知するまで担当医師との慎重で綿密な連携が必要になります。うつ病は判断基準が曖昧な精神疾患です。しかし最も問題なのはうつ症状が改善しても症状の持続期間や潜伏期間は人によって大きく違うということです。これによって明確な完治証明ができないことが患者に精神的負担を強いていしまっている現状も問題視されています。うつ病の症状は一度認識されてしまえば、治療自体はさほど難しくないといわれています。しかしその背景である性格的特徴は誘因については様々なケースが見られていて、疾患の明確なきかっけがわかりづらいという問題点はいまだに残っています。うつ病という精神病の難しさは診断に難点があるというより、診断することでしか方針が一定化できていないというこの病気のバリュエーションにあるのかもしれません。

うつ病は感情、気分、意欲、思考などに支障をきたす精神病といわれています。しかし場合よってはそういった精神面より身体的な症状で病が発覚するということも少なくありません。しかし患者の経験談を聞いてみると、やはり最初は精神面での障害が顕れるようなので身体的な症状はそれらを放置していたことが悪化した結果だといえます。まずは丹念かつ詳細に患者の自覚症状を吟味することが重要だといえます。本格的に医師の診断を受ける前に診断チェックなどのサービスを受けることもできますが究極的にいえばそこは専門家に頼るのが最も賢明です。
うつにかかわる心のサインとしては次のような点が挙げられます。まずはかくなる症状として感情・気分の障害です。明確な理由もないのに必要以上に「憂鬱」「寂しさ」「孤独感」「無力感」などを感じる場合や喜びや爽快感などのポジティブな感情を抱きにくいようなら注意が必要です。また何事に対しても以前ほどやる気が出ないといった「無気力感」「脱力感」もうつ状態の特徴です。これは仕事、勉強、家事といった義務的な行動に限らず、以前まで好きだった趣味などの余暇活動においても同じ億劫さを感じるようになるのが健康な心の状態との明確な相違点です。また思考が鈍くなることもうつ病のサインです。以前はできていた手順の処理がうまくいかなくなったという人は疑いありです。最後に身体症状として「脱力感」「倦怠感」があげられます。睡眠にかかわる問題などもよく見られる症状なのでそうしたトラブルを抱える場合は一度「心の病では?」と考えてみてください。

うつのきっかけは食事から

カウンセリング

食事に注意するだけでうつ予防につながります。うつ病ことで医師の診断を受ける際にはどのような食事のとり方を心がけるのか、どのような食材がうつ病に効果的なのかを尋ねるようにしましょう。ここではそれらを意識した食事の留意点などを紹介しています

患者数からわかるうつ事情

悩む人

うつ病の認識は診断の発覚からわかる患者数の推移から読み解くことができます。その年度に報告された患者数によって、どれだけ精神的な負担を強いられている社会構造をしているのかまたそれらに対する対策などを客観的に分析することができます