うつ病のサインはいろいろ!うつがわかるのは診断だけじゃない

  1. ホーム
  2. うつのきっかけは食事から

うつのきっかけは食事から

カウンセリング

普段の食生活に気を配ることでもうつ病は予防することができます。食べることは人間の根底にある基本的な欲求です。楽しんで食事をすることで気分が晴れやかになり、診断や診察に頼らなくても十分にうつ病を予防・改善することが可能です。しかしただ食べるといっても、うつ病につながりやすくなる食材や食べ方などもあるので無意識にそういったことをしないように注意が必要です。また既にうつ病を発症している疑いがある人は食事をする際に、食欲がなくなっている、料理の味がわからなくなっているのなどの特徴があります。食事に楽しみを感じない、という人は診断をするまでもなくうつ病のサインが出ているので要注意です。
食べ物にも気を使いましょう。食事内容にかかわらず食事をすると血糖値が上昇するものですが、これが急上昇していると体の機能として血糖値を急激に下げる働きがあります。このように血糖値が急激に低下させられた状態を「低血糖状態」というのですが、この状態では脳に十分な糖分がいきわたらなくなるので、気分が沈み憂鬱な気分になるといわれています。これがうつ状態を誘発するとされています。高い糖質を一気に摂取するような食事のとり方には十分気をつけておきましょう。血糖値を急上昇させる食品として砂糖やお菓子類があるのでこれらは控えるようにしましょう。また血糖値を上昇させる食材などについての詳細を把握したい場合は医師に相談するなどして調べるようにしましょう。また診断にもよくある項目ですが食事の習慣にも同様に気を配りましょう。血糖値を急上昇させないように「いっき食いをしない」「よく噛んで味わう」「他の人と一緒に食事をとる」などを配慮するだけで大幅に改善できるのでぜひ実践してください。うつ病を意識したうえで、それらの実践が難しい場合は医師などから診断を受けてできる範囲でのうつ予防の改善策を模索していく、などの工夫をしましょう。